--/--/-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホーム
2015/05/13 (水)

ヌーヴォレコルトの安定感は好スタートと岩田Jの絶妙な”読み”とアルビアーノ


 閲覧ありがとうございます(・ω・)ノ

 ヴィクトリアマイルに出走予定のヌーヴォレコルト

 これまで安定して好走していますけど、この安定感の秘訣はどこにあるのか、足りない頭をフル回転させて検証してみました。


 ■ ブログ村トラコミュ
 ・ ヴィクトリアマイル(2015)
 ・ 京王杯SC(2015)
 ・ 今週の重賞All in One!
 ・ 重賞レース予想(GI・JpnI編)
 ・ 重賞レース予想(GII・JpnII編)


 これまでのヌーヴォレコルトの戦歴をおさらいしておくと、


 中山芝1800m 中山記念(G2) …1着
 京都芝2200m エリザベス女王杯(G1) …2着
 京都芝2000m 秋華賞(G1) …2着
 阪神芝1800m ローズS(G2) …1着
 東京芝2400m オークス(G1) …1着
 阪神芝1600m 桜花賞(G1) …3着
 阪神芝1600m チューリップ賞(G3) …2着
 中京芝1600m こうやまき賞(500万下) …1着
 東京芝1600m 2歳未勝利(牝) …1着
 東京芝1600m 2歳新馬(牝) …4着


 新馬戦以外は馬券圏内を外していない堅実ぶりです。この堅実ぶりの要因をあれこれ探ってみました。


 この馬の良さはまずスタートが上手なことで、それによってポジション争いで優位に立てます。当たり前なことですけどこれは競馬において重要な要素で、ここまで成績が安定している大きな要因になっています。これまでのキャリアの中でスタートで後手を踏んだのは秋華賞だけです。


 その秋華賞を見ていくと、若干スタートのタイミングが合わず、両隣で好スタートを決めたバウンスシャッセとマーブルカデトラルに挟まれてポジションを取りに行くことができませんでした。ただ結果的にはこれが功を奏し、秋華賞は前半後半の比較が【 58.0-59.0 】で、高速馬場だったこともあり、道中で12秒台のラップ区間が一度しかない淀みない流れになりました。逃げ先行勢は文字通り全滅(最高着順がバウンスシャッセの7着)でしたので、スタートで後手を踏んで後方からレースを進めたことが2着に繋がりました。好スタートを決めて番手のポジションが取れていたら、馬券圏内に残れていたかどうか疑問です。…もちろんスタートが良くても、鞍上の岩田Jがペースを読んで後方からレースを進めたかもしれないですけど。


 他のレースも見ていくと、この馬はとにかくポジションとペースのバランスが秀逸だなと。スタートを決めてポジション争いを優位に進める中で、スローペースなら先行、ハイペースなら後方で競馬をしています。


 レースごとに【 前半4F-後半4F 】のペースとポジションを見ていくと、


 チューリップ賞 【 47.3-47.0 】 平均 …6番手
 桜花賞 【 45.3-48.0 】 超前傾 …12番手
 オークス 【 48.0-47.1 】 後傾 …9番手
 ローズS 【 47.3-46.2 】 後傾 …4番手
 秋華賞 【 46.3-46.8 】 前傾 …11番手
 エリ女 【 48.1-46.3 】 後傾 …4番手
 中山記念 【 49.8-48.4 】 後傾 …3番手


 平均ペースのチューリップ賞と中団で競馬をしたオークス以外は、見事に後傾なら先行、前傾なら後方から競馬をしています。これはスタートが上手なので理想的なポジションが取れること、その上でチューリップ賞から手綱を取り続ける岩田Jの絶妙なペースの読みがハマっているのだと思います。たまたまってことはないと思います…笑 この辺りがこの馬が大崩れしないひとつの要因だと思います。


 次はヌーヴォレコルトのパフォーマンス的な良さはどこにあるのか見ていきます。


 そもそもヌーヴォレコルトの能力が最大限に引き出されるポイントはどこにあるのかというと、この馬は先週のNHKマイルカップで2着に好走したアルビアーノとタイプが似てるな~なんて思います。アルビアーノは逃げ馬ですのでヌーヴォレコルトとは脚質が異なりますけど、能力が最大限に引き出されるポイントは似ていると思います。


 例えばフラワーカップ。このレースはアルビアーノの逃げ切り勝ちでしたけど、4角を先頭で回って直線を向いたときに一気に脚を出しました。4角での2番手との差は1馬身差だったのが、直線に向いてから3馬身差に広がりました。実際にアルビアーノが刻んだラスト3Fのラップが【 12.0-11.4-12.0 】で、このラスト2ハロンの11.4が4角→直線→直線半ばでアルビアーノが一気に加速したラップです。ただラスト1Fから脚が鈍って最終的には1馬身半差でゴール。ラスト1Fで12.0とラップを落としているのが、1馬身半差まで詰め寄られた要因になっています。


 4角から一気にトップスピードに乗ってリードを広げて出し抜く競馬、高次元でそれができるのがアルビアーノの良さだと思っていて、NHKマイルカップでも2番手から同じ競馬をしてラスト1Fで脚が鈍ってクラリティスカイに差されました。このアルビアーノとヌーヴォレコルトは似ているのではないかと思います。…NHKマイルカップで無印にしたアルビアーノを引き合いに出すのも複雑な心境なんですけど…笑


 ヌーヴォレコルトは例えばローズステークス。道中の中緩みの後にラスト3ハロンから11秒台のラップが続く競馬で、逃げたリラヴァティが直線に向いてから追い出し、そのまま出し抜きを図ろうとする競馬。ヌーヴォレコルトは道中4番手で直線はインを突き、直線に向いてから追い出しにかかってラスト1F手前で先頭に立ちました。ラスト2Fのラップが11.1で、ラスト1Fはラップを落として11.7。ヌーヴォレコルトは直線で一気に脚を使ってリラヴァティを捕らえ、ラスト1Fで甘くなりながらも2着に1と1/4馬身差の快勝でした。この辺りの一気にトップスピードに乗せて前を捕らえて押し切る競馬がこの馬の強みかなと思います。


 エリザベス女王杯も同じような位置取りの競馬で、ヌーヴォレコルトはインを立ち回って2番手で直線に入りました。このレースは後続の仕掛けが遅く、ヌーヴォレコルトも追い出しにかかったのはラスト2ハロンからで、ラスト1F手前で先頭に立ちました。追い出しが遅かった分だけゴールまで脚が鈍ることはありませんでしたけど、ここで馬場の真ん中から猛然と追い込んできたラキシスに捕らえられ、クビ差の2着に敗れました。このレースから言えることは、スローの上り勝負でラスト2Fからの追い出しならばゴールまで脚が持つなと。追い出しが早いとラストに脚が鈍りますけど、追い出しが遅ければ脚が持つという、ごく当たり前な結論です。


 この馬はアルビアーノと似ていると書きましたけど、追い出したときに一気にトップスピードを引き出すことができるタイプだと思います。じわじわエンジンがかかるのではなく、即座にエンジンをかけることができます。この辺りがアルビアーノと似ていて、さらに早めに先頭に立って出し抜く競馬も似ているなと。ペースやポジション、追い出すタイミングにもよりますけど、基本的には好位から競馬をして直線で一気にトップスピードを引き出して出し抜き、早めに先頭に立ってゴールまで押し切る競馬が合っているのだと思います。ペースが速いときは後方で脚を溜め、直線で末脚を爆発させる競馬もできますけど、後方から競馬をした桜花賞やオークスを見る限り、少なくともハープスタークラスの馬には太刀打ちするのは難しく…(オークスはポジションの差と距離適正、追い出しのタイミングで勝ちましたけど)。スピードの質と持続力はいいモノを持っていますけど、一級品と比べると見劣りします。


 …で。ヌーヴォレコルトはヴィクトリアマイルを勝てるのか。


 今回はハープスターは不在ですけど、まずはこれまでのようにスタートを決めてスローペースなら先行、ハイペースなら後方のポジション取りで優位に立つことは必要になってきます。ハイペースで先行した場合にどうなるかは未知数で、正直あまりいい結果にはならないだろうと思います。その上でヌーヴォレコルトの良さである一気にトップスピードを引き出すポイント、どこで出し抜きを図るのかによると思います。あまり早く追い出せばこれまでのようにラスト1Fで甘くなるでしょうし、あまり追い出すタイミングを遅らせてしまうと既にペースが上がりきっていて出し抜きが出来なくなります。必ずしもスピードの質は最上級とは思いませんし、今回はマイル戦ですのでスピードの質では一段階上のクラスの馬もいるかもしれません。どこで出し抜くのか、その辺りの匙加減は岩田J次第なわけですけど、直線入り口から出し抜きを図ったらさすがに脚が持たないことは明白です。理想はスローの好位でラスト2ハロンから追い出すことでしょうけど、そんな展開になるのか、そこまで他の馬が待ってくれるのか、馬なりでラスト2ハロンまで好位を確保できるのか、マイル戦だとちょっと不安かな~と思います。


 ちなみにこの馬は枠にも恵まれてきた馬で、重賞で2ケタ馬番はチューリップ賞(8枠13番)と桜花賞(5枠10番)の2回のみで、近4走は常に内枠です。内枠で優位に立ち回ってきたことも、大崩れしない要因になっています(秋華賞では2枠4番の好枠でありつつ4角は外を回り、直線で内を突いたショウナンパンドラに出し抜けを食らう、なんてこともありました)。枠もこれまでのような内枠が欲しいですね。


 何れにしても能力は高いですし、一気にトップスピードに乗って後続を引き離す、馬郡を抜け出すことが大きな武器になっている馬です。センスの良さ、器用さも持ち合わせていて、鞍上の岩田Jとも合っている馬。これまでのようにポジションとペースを味方につけることができれば、そうそう無様な競馬はしないはずです。


 なお私のヴィクトリアマイルの注目馬はAです。


 A ⇒ 人気ブログランキングへ
 (ショウナンパンドラでした)


 ※ 伏せた馬名の見方がわからない方はコチラをご覧ください。



 PS:最近相互リンクさせて頂くことになった

 「単複馬券1点で勝負する競馬ブログ」様が

 記事の中でウチのブログを紹介してくださっています(/▽\*)キャー

 メインレースだけではなく平場のレースの単複予想もされている競馬ブログ様です。

 是非アクセスしてみてください(。・ω・)ノ



 今は春のG1戦線まっただ中ですね。


 6月28日に行われる宝塚記念まで、マイル~中距離の芝のレースが続きます。



 スプリント戦(距離が1,200メートル)なら能力の違いだけで勝ってしまう馬がいますが、


 マイル以上になると血統による適正が勝敗を分ける場面が増えてきます。



 きちんと血統的に適性がある馬を狙えば馬券をしっかり的中


 させられる可能性がグンと高まります。


 そこで、今週のヴィクトリアマイルを始め、残りの春のG1の予想で参考にして欲しいのが


 「栗山求(クリヤマモトム)」氏の予想。



 栗山求氏とは・・


 テレビ、雑誌、イベント、ブログなど幅広いジャンルで活躍。



 抜群の知名度と安定の的中率を誇るプロ競馬予想家


 血統を基にした予想方法が得意
で、競馬通信社でのコラム『血統SQUARE』の連載や


 フリーライターとして雑誌や書籍などを手掛けるなど多くの経験をしてきた栗山求氏の


 配合分析は有名
である。


 現在では『競馬総合チャンネル』、『web競馬王』、『競馬王』、などに


 連載を持っており
、今年3月に発売されたパーフェクト種牡馬辞典2015-2016


 では監修を務めている。


 グリーンチャンネルなどのテレビやイベントにも多く出演しており、


 抜群の知名度とキャリアを誇る栗山求氏は

 血統評論家として日本を代表する存在である。


 完全無料で「栗山求」氏の予想とコラムを見る!


 ※メールアドレス入力後、返ってきたメールアドレスに記載されたURLをクリックして登録を完了させてください。

 フリーメールアドレスで登録できます。

 登録後、「馬スピ特報」というコーナーをご覧ください。

 栗山求氏のヴィクトリアマイルの予想は今週土曜日の夕方頃UPされます。



 そんな栗山氏ですが、現在、4週連続的中を記録!


 皐月賞では

 1着 ▲ドゥラメンテ
 2着 ◎リアルスティール
 3着 △キタサンブラック
 で3連単12,360円を手堅くGET。



 先々週の青葉賞では

 1着 ◎レーヴミストラル
 2着 ▲タンタアレグリア
 3着 △ヴェラヴァルスター
 で3連単12,990円をしっかりとGET。



 そして先週の京都新聞杯も

 1着 △サトノラーゼン
 2着 ◎ポルトドートウィユ
 3着 ▲アルバートドック
 で3連単13,160円をGET。



 そして圧巻だったのが4月26日に行われたマイラーズカップ。


 マイラーズカップで実際配信された予想は・・


 (4月26日)マイラーズカップ(G2)






 ----------------------------------------

 <推奨馬とその根拠(抜粋)>


 ◎7フィエロ
 ○9フルーキー
 ▲4サンライズメジャー
 △6ディアデラマドレ
 △10エキストラエンド
 △15レッドアリオン



 ◎フィエロは「ディープインパクト×デインヒル」という組み合わせ。

 母ルビーは本邦輸入種牡馬ロックオブジブラルタル

 (ヨーロッパでマイル戦を中心にG1を7連勝)の全妹にあたる良血馬。


 したがって「ディープ×ロックオブジブラルタル」の

 ミッキーアイル(NHKマイルC)と血統構成が近い。

 ディープインパクト産駒のマイラー配合としては高く評価できる。


 昨年のこのレースはレコード勝ちしたワールドエースの2着。

 開幕週の速い時計にも対応でき、過去休み明けで崩れたこともない。



 <結論>


 馬単ながしマルチ

 7→4、6、9、10、15


 三連単軸1頭ながしマルチ

 7→4、6、9、10、15



 ----------------------------------------


 レースはフィエロが最後の直線でインコースから

 追い込むも・・・

 ↓   ↓    ↓    ↓ 
 


 惜しくも3着!


 しかし相手に買っていた

 レッドアリオンが優勝し、

 2着にもサンライズメジャーが入着。




 【結果】

 3連単:15-4-7 的中



 的中配当:98,650円

 回収金額:986,500円



 実際のPAT画面↓






 恐るべし栗山求氏の血統予想・・・



 さらに栗山求氏は毎週木曜日に血統についての

 コラムを連載しているのでそちらも要チェックです!


 競馬スピリッツなら「栗山求」氏の予想が毎週2レース無料で

 見れて、さらにコラムも完全無料で読み放題です!




 「競馬スピリッツ」に登録して栗山求氏の予想と

 コラムを完全無料で楽しんでみてください!


 ・ヴィクトリアマイル
 ・オークス
 ・日本ダービー


 今なら無料登録で上記全てのG1の買い目を完全無料で見ることができます!


 血統が重要な予想ファクターとなるこれからの
 春のG1予想
 是非栗山求氏の買い目を参考にしてみてください!



 完全無料で「栗山求」氏の予想とコラムを見る!

 ※メールアドレス入力後、返ってきたメールアドレスに記載されたURLをクリックして登録を完了させてください。

 フリーメールアドレスで登録できます。

 登録後、「馬スピ特報」というコーナーをご覧ください。

 栗山求氏のヴィクトリアマイルの予想は今週土曜日の夕方頃UPされます。

■ 関連記事
■ タグ
[ タグ未指定 ]
ホーム

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ヴィクトリアマイル2015が行われる東京芝1600mの血統データ
ヴィクトリアマイル2015が行われる東京芝1600mの1〜3着馬の血統データを、予想に役立つ見やすい色分け表にまとめました。 東京芝1600mの傾向を分析することでヴィクトリアマイルの注目 ...
ヴィクトリアマイル ストレイトガール、秋に向けて真価が問われるレース
ブログ村 トラコミュ ヴィクトリアマイル データ分析今週の激走!穴馬今週の危険な人気馬京王杯SC データ分析 今日もヴィクトリアマイルから 『穴でも要らない馬』をお届けします。 よろしくどうぞ! ストレイトガール 前走(高松宮記念13着)が 大外枠、道悪馬場が堪えたにしても負けすぎやった。 まったく力を出し切れずの大敗じゃなく この馬なりに頑張っての大敗やっ...
ヴィクトリアマイルはこの6頭!データ消去法&買える条件まとめ
[AD]【ヴィクトリアマイル】人気必至の●●●に危険信号!? にほんブログ村トラコミュ ヴィクトリアマイル(2015) 京王杯SC(2015) JRA競馬予想 [ヴィクトリアマイルデータまとめ]△単勝50.0〜99.9倍(1-0-1-35)×単勝100倍以上(0-0-0-30)△6歳以上(0-0-2-29)×単勝オッズ50倍以上の関西馬(0-0-0-37)×前走福島牝馬Sで3着以下(...

コメントの投稿

非公開コメント


■ オススメ競馬ブログ様








































 諸事情により、現在相互リンクや相互RSSは受付停止中です。ゴメンなさい(ノω・、)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。