--/--/-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホーム
2015/07/06 (月)

先週の予想結果、回顧。ディープインパクト産駒の時間だった…


 閲覧ありがとうございます(・ω・)ノ

 昨日の重賞、ラジオNIKKEI賞もCBC賞も、

 ディープインパクト産駒が勝利!!…も、

 予想はイマイチでした(ノω・、)


  ブログ村トラコミュ
 ・ 七夕賞(2015)
 ・ プロキオンS(2015)
 ・ 今週の重賞All in One!
 ・ 重賞レース予想(GIII・JpnIII編)
 ・ 今週の重賞・メインレースの予想


 ラジオNIKKEI賞の予想はコチラでした。


 レースを振り返ります。前半後半4Fは【 47.3-46.9 】で、平均ペース。序盤からそこそこのペースで流れつつ、ラスト4Fから11秒台に突入するロンスパ戦になりました。この流れで逃げたマルターズアポジーはよく3着に残したな~と思います。この馬は道中でゆるゆるのラップ区間を作って息を入れつつ逃げ込みを図るタイプの馬で、今回のように大きく緩ませずに逃げる競馬をしたことがありませんでした。なので新たな一面を見せたと思います。ただ追い切りでイイネ!評価をしたように調子は良かったと思いますし、基本的に逃げ馬有利の福島での好走。今後も条件と展開次第なところはあると思います。


 1着アンビシャスは適正云々の前にココではモノが違いましたね。道中は中団のインベタ。流れもポジションも理想的で、課題の折り合いも問題ありませんでした。4角もごちゃつくことなく進路を確保して3と半馬身差の圧勝。強い馬が理想的な競馬をして勝ったと思います。今回の結果が秋のG1にそのまま直結するかというと、相手関係が楽でしたし、何かとうまくハマった感が否めないので判断の難しいところ。この馬はこれまでの上り3F最速が千両賞(500万下)1着時の34.0で、このレースも上り最速はアンビシャスの34.3でした。ペースにもよりますけど、マイル~2000mのG1を勝つためにはもうひとランク上の上りが要求されるわけで、これまでの戦歴からはラスト3F勝負になったときに詰めの甘さを露呈しています。一瞬で出し抜く脚は持っていますけど、その脚を長く維持できるところを見せていません。今回は平均ペースで流れたことで脚の使いどころの比重が後半に偏らなかったために34.3の上りで楽勝できましたけど、ドスローの上り3F特化戦になったときに差しきるだけの脚を持っているかと言われると微妙です。ただこのレースで楽勝したように素質は高いですので、エイシンヒカリが出走するであろう天皇賞秋で楽しみな1頭だと思います。エイシンヒカリがある程度のペースで引っ張ってくれるなら、アンビシャスに有利な展開になるかもしれないです。


 秋のG1と言えば、2着になったミュゼゴースト。この馬も素質は高いですし、父バゴ×母父リアルシャダイで菊花賞向きですね。今後のことを考えれば、できればココで凡走してもらって、1000万下勝利→菊花賞で大穴をあける、が理想でした…笑 ドゥラメンテが残念なことになりましたので、菊花賞の主役は現状では不在です。ミュゼゴーストは主役になれる可能性を秘めた1頭だと思います。


 予想は対抗ミュゼゴーストが2着になるも、本命ストレンジクォークが7着でハズレでした(-ω-;)ゴメンナサイ 地味にワイドだけ的中でしたけど大トリガミです。



 続いてCBC賞の予想はコチラでした。


 重馬場のハンデ戦だったのに上位人気馬3頭の決着…。いかにも荒れそうな要素はありましたけど、荒れませんでしたね。


 前半後半3Fは【 33.4-35.7 】で、平均~スローになると予想しましたので、この時点で大ハズレです。中京の芝1200mの重馬場で前半の3Fが33.4はかなり速いペースで、文字通り逃げ先行馬は全滅でした。1着ウリウリも2着ダンスディレクターも3着サドンストームも後方から競馬をしましたので、流れと位置取りが噛み合った結果です。


 そんな中でもウリウリは強かったですね。直線でインを突いたのは3枠だったのもありますけど、岩田Jならでは好騎乗だったと思いますし、直線に入ってからラスト1Fまでの伸び脚は他の馬たちを圧倒していました。さすがにゴール前でやや甘くなりながらも2着ダンスディレクターに半馬身差の完勝。展開や枠順に恵まれた感はありますけど、牝馬で55.5キロは実質トップハンデでもありましたし、距離短縮でここまでパフォーマンスをあげてくるとは思いませんでした。ただ重馬場で激走したことでダメージが残らないか心配でもあります。


 誤算だったのはペースを読み間違えたこともありますけど、ダンスディレクターが2着になったこと。重馬場では持ち前のキレが発揮できないだろうということと、スローになれば折り合いと欠いて後半に響くと考え無印にしました(-ω-;) 実際これだけ速い流れになっても折り合いを欠いていましたので、気性面の成長があれば更に上を目指せる逸材ですね。溜めれば直線は確実にキレますし、このレースは直線で前が詰まる不利も大きかったと思います。あれがなければ勝っていたのはこちらだったかもしれません。


 予想はペースを読み間違えるも、結果的には意外と惜しかった、というか、最後まで楽しめました。本命サドンストームが3着で、対抗ベルルミエールが4着。ベルルミエールは当然先行して番手の競馬をすると思っていましたけど、まさかの出負け。最初は絶望的な気分を味わいました。ただ出負けが功を奏して激流に巻き込まれることはなく、直線でもいい脚で伸びてきました。差し競馬で上位争いができる馬だとは思っていませんでしたので、意外な結果でした。サドンストームと一緒に伸びてきて、ウリウリと併せて一瞬だけ三連単的中!?と思ったんですけどね、無印のダンスディレクターに屈しました。まあ惜しくてもハズレはハズレです(-ω-;)ゴメンナサイ


 土日併せて3レース予想して、テレビユー福島賞の三連単が的中しましたけど、いまひとつスッキリしない結果になりました。ただまだまだ夏競馬は始まったばかり。暑くて熱い夏競馬。今週も的中目指して頑張ります。



 テレビユー福島賞2015



 ラジオNIKKEI賞2015



 今週の重賞は日曜に福島の名物G3七夕賞と、同じく日曜に中京でダートのG3プロキオンステークスがあります。七夕賞はオフサイドトラップが勝ったときだったかな…、ビギナーズラックで馬連3万馬券×1000円を的中させた思い出のあるレース。ハンデ戦なので波乱にならないことのほうが珍しいレースです。


 七夕賞は圧倒的に内枠有利の傾向があります。6枠7枠8枠で馬券になった馬は過去10年で6頭しかいません。その6頭には共通点があって、6頭とも小回り&内回りで計3勝以上していました。


 こういうデータを鵜呑みにするのもどうかとは思いますけど、福島で好走する馬たちを表しているデータとも言えると思います。個人的にも小回り&内回り実績は福島競馬を予想する際に結構重要視しているポイントです(ほとんどの人がそうだと思いますけど)。まあ外枠に配置された馬たちの取り捨てをする際のひとつの目安にはなりますね。




━━━━━━━━━━━━━━━━━


的中率7割以上・平均配当100倍以上!!


競馬の神様”故・大川慶次郎が創設


創業33年ホースメン会議予想陣が厳選



━━━━━━━━━━━━━━━━━


《話題沸騰中》


3単20点で万馬券も獲れる」と大好評


1日1鞍の渾身予想


7月11日~8月2日まで4週間無料公開



━━━━━━━━━━━━━━━━━


■実力を知って頂く為の無料配信


6/28 函館 9R 4万0360円的中!

6/27 阪神 6R 7万1940円的中!

6/21 東京 12R 5万4000円的中!

6/20 東京 12R 1万3760円的中!

6/13 東京 12R 1万8590円的中!

6/07 阪神 12R 1万9730円的中!

5/31 京都 11R 1万0200円的中!

5/30 京都 6R 2万4550円的中!




(無料)渾身予想はコチラで入手!!





ホースメン会議


■ 関連記事
■ タグ
[ タグ未指定 ]
ホーム

コメントの投稿

非公開コメント


■ オススメ競馬ブログ様








































 諸事情により、現在相互リンクや相互RSSは受付停止中です。ゴメンなさい(ノω・、)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。