--/--/-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホーム
2015/01/28 (水)

クルミナル、テスタメントが快勝(*´ω`)


 先週のディープインパクト産駒は41頭が出走して、日曜京都6R3歳新馬芝1800mに出走したクルミナル(牝3)と、土曜中山12R4歳上1000万下芝2000mに出走したテスタメント(牡4)の2頭が勝ちました(*´ω`) 勝った2頭は素質馬だけに、今後にも期待できます。

 新馬勝ちクルミナルは直線ムチを使わずに突き抜けるあたりがいかにもディープの仔って感じで、先々が楽しみな逸材がでてきたと思います。鞍上の池添Jも「かなり遅いペースでしたが、しっかり我慢していました。瞬発力は抜群で、抜け出す時の脚は速かったです。気の悪いところを出さなければ、この先、かなり楽しめそうです」と好感触を得たようです(*´ω`) ただ気性面に問題があり、まだまだ課題も多いようです。クラシックに駒を進められるか、注目したいです。YouTubeから動画を拝借~。6枠9番緑です(*´ω`)





 1000万下を快勝したテスタメントは昇級初戦を問題にしませんでした。スタートで余所見をしていて若干出遅れたけど、後方から余裕の競馬で差し切り勝ち(*´ω`) 母ブラックエンブレムは秋華賞(G1)の勝ち馬で、そこにディープだから期待の良血です。半弟には昨年の札幌2歳S(G3)を勝ったブライトエンブレム(父ネオユニヴァース)がいて、ぜひとも弟には負けてほしくないところ。まだ4歳でキャリアも7戦と浅いことから、いずれは重賞勝ちをと期待してます(*´ω`)

 京都牝馬S(G3)ウリウリは6,7番手の外目を追走し、楽な手応えで直線を迎えたように見えたけど、そこから思うように伸びずに5着。福永Jの談話は「枠に泣かされました。ひと脚しか使えない馬ですし、外を回らされて入れるスペースもありませんでした」とのことで、まあスローペースで外を回らされただけに、仕方のないところ。にしてもキレをまったく感じなかった(´・ω・`)

 同じく京都牝馬S(G3)キャトルフィーユはスタートで行き脚がつかずに10番手前後の中団を追走し、直線外から猛然と追い込んでくるも6着。位置取りの差でウリウリには及ばなかったけど、直線の伸び脚はまだまだ健在です。今後は2月22日の小倉大賞典(G3)芝1800mに向かう予定で、これが引退レースになるようです。今度は牡馬相手になるけど、花道を飾れるか。

 東海S(G2)グランプリブラッドは先頭から5,6番手を追走するも、直線見せ場なく9着。コパノリッキーとの実力差に泣けてくる(ノω・、) とくに問題のない競馬をしたのに、まったく歯が立たず。ただこのハイレベルなメンバー相手でも自分の競馬はできているので、OP特別ぐらいなら勝負になるはず。

 AJCC(G2)ディサイファは好位追走から直線を迎えるも、じわじわと伸びるにとどまって5着。スローペースの恩恵があったにせよ、この相手に健闘したと思います。四位Jの談話は「スタート次第では逃げてもいいと思っていましたが、他の馬が来たので控えました。1コーナーの馬群の並び方なら面白かったのですが...。まだベストの条件がつかめませんが、"やれる"という手応えも感じました」とのことで、改めてレース映像を見直すと、スタート直後は先頭だったし、そのまま逃げればもっと上の着順もあったかも?

 同じくAJCC(G2)パッションダンスは中団でぴったり折り合うも8着。スローペースになってしまっただけに、結果的に位置取りが後ろすぎました。4角での手応えはゴールドシップよりよかったけど、最後はゴールドシップにハナ差負け。ラスト1Fで脚がとまってしまい、距離が1F長かったのか、それとも坂の影響かな…。


 ■ 次走に期待!ディープ産駒メモ(*´ω`)

・ウインベントゥーラ(1/25 京都5R 3歳未勝利 芝1600 6着)
 出遅れて最後方から追走も直線ぐんぐん加速して6着。まだキャリア2戦しかしてないので馬が若いけど、能力は未勝利の中では抜けてる。
 
・ベアトリッツ(1/24 京都9R 花見小路特別4歳上1000万下 芝1600 4着)
 今回はペースが遅いなか、後方から外を追走して追い込んで4着。3戦連続で上り最速で、このクラスでも十分やれる。

ホーム

コメントの投稿

非公開コメント


■ オススメ競馬ブログ様








































 諸事情により、現在相互リンクや相互RSSは受付停止中です。ゴメンなさい(ノω・、)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。