--/--/-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホーム
2015/02/24 (火)

キロハナ、ガリバルディ、ダノンジェラートが勝利!先週のディープインパクト産駒


 閲覧ありがとうございます(*´ω`) 先週のディープインパクト産駒は土日あわせて計3勝でした。


 土曜京都9R、つばき賞(3歳500万下芝1800m)に出走したキロハナは、ここでは力が一枚上でした。後方からの競馬で余裕の差し切り勝ち。ステッキも必要ありませんでしたし、最後は持ったままでした。勝ちタイム1:48.0。上り33.4。鞍上の浜中Jは「少頭数だったこともあり、有力馬を見ながら運べましたし、最後は軽く仕掛けただけであの脚を使ってくれました。まだキャリア2戦目で、返し馬では用心深いところも見せていましたが、素質は高いですね」。ディープ×母父キングカメハメハの王道血統で、祖母は安田記念(G1)やマイルCS(G1)の勝ち馬ノースフライト。まだ底を見せていませんので、どこまでいけるか楽しみです。

 レース動画はコチラ(JRA)からどうぞ。


 土曜京都10R、春日特別(4歳上1000万下芝1800m)に出走したガリバルディは、勝負馬券としてイチオシした馬でしたけど、無事勝ってくれて一安心(*´ω`) 直線は逃げた馬との叩きあいで、見応えのあるレースでした。勝ちタイム1:47.3。上り33.0。これで戦績は(3.3.3.1)となって、掲示板を外したのは3歳時に出走した共同通信杯だけです。マルカシェンクの半弟で、まだ4歳。上のクラスでも問題なく好走してくれます。

 レース動画はコチラ(JRA)からどうぞ。


 日曜東京10R、アメジストS(4歳上1600万下芝2000mハンデ)に出走したダノンジェラートは、直線最内で伸びきれず、これはダメか~と思っていたところ、残り1Fで息を吹き返したかのように末脚炸裂。勝ちタイム2:00.8。上り34.3。この馬の戦績も(5.5.3.1)と安定していて、掲示板を外したのは3歳時に出走した菊花賞だけです。目下9戦連続で馬券圏内を確保しています。次はOPクラスでのレースになりますけど、セントライト記念3着の実績がありますし、相手なりに走る馬。次走が楽しみです。

 レース動画はコチラ(JRA)からどうぞ。


 以下、残念賞組から気になった馬をピックアップ(´・ω・`)


 日曜小倉11R、小倉大賞典(G3)に出走したダコールは3着。得意とは言えない重馬場でも終いはきっちり伸びて馬券圏内を確保しました。鞍上の藤岡佑Jは「いい枠だったし、内に徹して乗った。苦手な重馬場でも、よく頑張ってくれた」。

 同じく小倉大賞典(G3)に出走したキャトルフィーユは4着。4角で外に膨らんでしまったのが痛いロスでした。今まで牝馬重賞戦線で活躍してきましたけど、これで引退となります。次は母として重賞馬を出してほしいですね(*´ω`) お疲れ様でした。

 同じく小倉大賞典(G3)に出走したラングレーは7着。4角大外ぶん回しで直線も伸びあぐねました。鞍上の和田Jは「非力なタイプだし、力のいる馬場は合わなかった」。中山で実績がありますけど、ローカル小回りは初めてでしたし、重馬場も初めてでした。次走は条件さえ合えば巻き返し必至です。

 小倉大賞典のレース動画はコチラ(JRA)からどうぞ。


 土曜東京11R、ダイヤモンドS(G3)に出走したファタモルガーナは、2番人気の期待に応えて2着。道中は中団からの競馬で、後半の3角から徐々に前へ進出開始。4角で先頭に並びかけ、直線はしぶとく伸びて先頭に立つも、1着フェイムゲームに差されました。結果的には動き出しが早かった印象ですけど、力をすべて出し切ったという意味ではいい競馬でした。鞍上の戸崎Jは「切れ味でやられるのは嫌でしたし、スタミナもあるので早めに動きました。しかし、最後は相手の決め手にやられてしまいました」。3600mのステイヤーズSは2年連続2着ですし、母父エリシオの血が効いてますね。

 同じくダイヤモンドS(G3)に出走したニューダイナスティは6着。好位~中団の内ラチ追走で4角で先頭に並びかけましたけど、直線は伸びを欠きました。とくに問題のない競馬をしていたので、ここでは距離が長かったか、力が足りなかったか、それとも追い切りもそんなに良くなかったですし、調子が悪かったのかな…。

 同じくダイヤモンドS(G3)に出走したタイセイドリームは14着。道中は番手の競馬をして直線で粘り込みたいところでしたけど、直線に向いた時点で一杯になってしまいました。追い切りが良かっただけに穴馬としての魅力はありましたけど、ディープ×ジャイアンツコーズウェイではさすがに距離が長かった印象。

 なおダイヤモンドSで落馬負傷した後藤J、頸椎捻挫とのことでしたが、軽傷のようで一安心。翌日の日曜日は京都で8鞍騎乗して2勝しました(*´ω`) リキサンステルスは右上腕骨粉砕骨折のため安楽死だそうです(ノω・、)

 ダイヤモンドSのレース動画はコチラ(JRA)からどうぞ。


 土曜東京5R、3歳未勝利(芝1800m)に出走したシードパールは3着。このブログで毎回取り上げている馬ですけど、これで10戦連続して掲示板を確保しています。でも未だ未勝利(´・ω・`) いい脚を使って追い込んでくるんですけど、展開が向かないとなかなか勝ちきれないです。今必要なのは放牧だと思います。


 土曜東京6R、3歳500万下(芝1600m)に出走したサザナミは3着。昇級初戦で惜しい競馬でした。馬体重が400キロ程度と小さな牝馬で個人的に応援したくなる馬。今回は中1週での出走でしたけど、とりあえずもう少し馬体が増えるまでは無理して使わないでほしいかな。


 土曜東京7R、4歳上500万下(芝1800m)に出走したトーセンターキーは5着。単勝1.7倍の圧倒的1番人気を裏切ってしまいました(-ω-;) 道中は4番手追走で、4角も持ったままで勝てそうな感じではありましたけど、直線は案外伸びず、前を捕らえることもできずに後続に差されました。前走は約1年半ぶりのレースで2着。今回は2走ボケかな…。


ホーム

コメントの投稿

非公開コメント


■ オススメ競馬ブログ様








































 諸事情により、現在相互リンクや相互RSSは受付停止中です。ゴメンなさい(ノω・、)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。